HAZAMA LOG

20代・30代の生活を豊かにする情報(仮想通貨、ガジェット等)を発信するブログ

【2017】ユニクロ×Theoryコラボのおすすめは?フルオープンポロシャツが今風で良いね!

どうも、ユニクロ大好きなはざま(@hazamahazamab)です!

昨年も好評だったUNIQLO×Theoryのコラボが今年もやってきました!

今回は、「実際に店舗で確認してきた各商品の印象の紹介」と「購入したフルオープンポロシャツのレビュー」をいたします。

Theoryってどんなブランド?

wikiより

1997年に設立されたアメリカのブランドで、日本では1998年からリンク・インターナショナル(初代)が輸入し展開。
アメリカ発祥であるが、本家であるセオリー社もリンク・インターナショナル(2代目・現リンク・セオリー・ジャパン)の完全親会社である株式会社リンク・セオリー・ホールディングス(初代リンク・インターナショナル)が傘下に収め、経営権を獲得した。
その後、2009年7月に株式会社ファーストリテイリングがリンク・セオリー・ホールディングスを完全子会社化。翌2010年3月から6月にかけて事業再編を実施し、現在はファーストリテイリング傘下のブランドとなっている。

(出典:セオリー (ファッションブランド) - Wikipedia

読んでいただくとわかりますが、現在はUNIQLOを展開するファーストリテイリングの傘下のブランドです。意外と知らなかった方も多いのではないでしょうか?

実際のTheory単体ブランドの商品は高額ですが、シンプルでシルエットも美しい良い商品が多いです。

UNIQLO×Theoryのコラボラインナップ

今年のコラボラインナップ商品は下写真の3商品になります。

f:id:hazama03:20170618201850p:plain

(出典:http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2017/05/17051811_theory.html

左から順に「ドライコンフォート ジップポロシャツ」「ドライコンフォート フルオープンポロシャツ」「ドライコンフォート スタンドポロシャツ」になります。それぞれ詳細に見てみましょう!

ドライコンフォート ジップポロシャツ

f:id:hazama03:20170618202350p:plain

(出典:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402197-69

襟から前立てに入れたカラーラインが印象的なポロシャツ。裏地にドライ機能と接触冷感機能を備えているので、夏でも涼しく着用することができます。

個人的な感想として、デザインはシンプルで良かったです。が、ジップ仕様というのが個性的というか微妙に感じたので購入に至らずでした。

f:id:hazama03:20170618203017p:plain

ジップ仕様が気にいるかどうかが購入の決め手になるでしょう。シルエットはシャープで良かったんですけどねえ。

ドライコンフォート フルオープンポロシャツ

f:id:hazama03:20170618203212p:plain

(出典:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/189083-03

とてもシンプルなフルオープンポロシャツ。前述のジップポロシャツと同様に裏地にドライ機能と接触冷感機能を備えているので、夏でも涼しく着用することができます。

今回、わたしが購入にいたったのはこちらの商品になります。シンプルかつトレンド感のあるデザインが気に入りました。より詳細は後述します。

ドライコンフォート スタンドポロシャツ

f:id:hazama03:20170618203733p:plain

襟元がすっきりとした印象のスタンドポロシャツ。こちらも今までの商品と同様に裏地にドライ機能と接触冷感機能を備えているので、夏でも涼しく着用することができます。

個人的な感想としては、デザインが好みではないので、購入にいたりませんでした。

フルオープンポロシャツがおすすめ!

上述しましたが、わたしが購入したのはフルオープンポロシャツです。今回のTheoryコラボでは一番のおすすめです。

f:id:hazama03:20170620202616j:plain

デザインがとてもシンプル

フルオープンポロシャツはカラーライン等も入っていなく、無地なので、何にでも合わせやすいです。例えば、同じくUNIQLOの大人気商品の柄入りステテコでも良く合います。

2パターンで着用できる

ボタンを閉めて着用はシンプルで勿論良いのですが、カーディガンのように羽織って着用も可能です。

例えばこんな感じ。

f:id:hazama03:20170620202857p:plain

意外と雰囲気が変わるのではないでしょうか。

トレンド感のあるシルエット

このシャツ特有の特徴と言ったら、トレンド感のあるシルエットでしょう。例えば、ジップポロシャツとフルオープンポロシャツのMサイズを比較すると下記の表のようになります(Mサイズにて比較)

  身丈 肩幅 身幅 袖丈
フルオープンポロシャツ  74cm  47cm  54cm 23.5cm 
ジップポロシャツ  70cm 45cm 50cm 20cm

ご覧いただくとわかりますが、フルオープンポロシャツはシルエット的に適度なゆとりがあります。今のトレンドを追い求めるなら、断然フルオープンポロシャツがおすすめです。逆にトレンドは追い求めず、タイトなものが良いという方はジップポロシャツもしくはスタンドポロシャツを選んだ方が良いでしょう。

色はネイビーが合わせやすく適度に軽い色でおすすめ

フルオープンポロシャツは「白、グレー、黒、ネイビー」の4色展開です。この中ではネイビーが断然おすすめです。

理由は、何と言っても合わせやすく、適度に軽い色なので夏でも重く見えにくいためです。無難に黒という方も多いかと思いますが、黒ですと夏は暑苦しさを若干感じますね。そんな訳でネイビーがおすすめです!

まとめ

以上、ユニクロ×Theoryのコラボ商品の紹介でした。購入するなら断然フルオープンポロシャツが使い勝手が良く、トレンド感のあるサイズなので、おすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村