読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAZAMA LOG

紳士な男を目指すアラサーサラリーマンのブログ。ガジェット等のレビュー中心の雑記

手軽に気分転換!無印良品アロマディフューザーを使った感想

f:id:hazama03:20170304131110j:plain

どうも!はざま(@hazamahazamab)です!

皆さんは、アロマに興味がありますか?アロマに興味がある方もいる一方で、アロマなんてよくわからないし、興味も無いという方もいると思います。

現にぼくも興味がありませんでしたが、アロマディフューザーをプレゼントでいただいたのを機に、手軽に気分転換できる手段だとわかり、今ではとても重宝しています。

今回は実際に利用している無印良品のアロマディフューザーを紹介します。

無印良品 アロマディフューザー

こちらが実物です。

f:id:hazama03:20170221100843j:plain

左から本体、電源コード、計量カップになります。無印良品っぽくシンプルで美しいですね!サイズは直径約16.8cm×高さ12.1cmと若干大きめですが、もう少し小さなタイプも販売されています。部屋の広さで選択するのが良いでしょう。

使い方

上部の蓋を外して水を入れます。

f:id:hazama03:20170221100930j:plain

こちらは最大で350mlまで入れることが可能です。

続いてアロマを数滴入れます。ぼくは、無印良品で売られているモノを使っていますが、Amazon等で売られている他社のアロマでも使えます

f:id:hazama03:20170221100946j:plain

アロマを入れ終わったら、蓋をかぶせてスイッチをONにしますとミストとともにアロマが広がっていきます。

f:id:hazama03:20170221100957j:plain

良い香りが部屋が満たされますね。部屋に人を招く際に利用すると一目置かれること間違い無しです!

また、ミストを出している間、アロマディフューザー内部で水がしたたり、その音が聞こえてくるので、心地よいです。

電源は、180/120/60/30分の4段階での設定が可能です。寝る時に使う場合でも安心して使えますね。 

さて、このアロマディフューザーですが、間接照明としても利用できます。明るさは2段階での調節が可能です。

実際の様子を見てみましょう。まず、こちらが1段階目(明るめ)。夜に読書灯として使えますね。

f:id:hazama03:20170221101354j:plain

こちらが2段階目(暗め)。寝る時は、これくらいいの明るさだとちょうどいいです。

f:id:hazama03:20170221101403j:plain

状況に応じて使い分けられて便利ですね。

感想

使いはじめて2年経ちますが、気分転換に本当に役立ちます。ぼくの主な利用シーンを紹介しましょう。

  • 仕事が終わり帰ってきてリラックスしたい時
  • 眠る前にリラックスしたい時(間接照明としても利用)
  • 休日の朝に気分をシャキッとさせたい時

気分転換の手段は人それぞれあると思いますが、個人的には手段が多いことに越したことはないと思います。

また、アロマディフューザーですが、充分にミストも出してくれるので、部屋の乾燥対策としても利用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アロマがよくわからないという方にも手軽に気分転換に使える手段だとわかっていただけたら幸いです。

また、冬場の乾燥対策としても利用できるので、部屋の乾燥に悩んでいる方も試してみてはいかがでしょうか?

 

オススメ記事はこちら

▶【必見】男の一人暮らしで捗る!厳選おすすめアイテム15選

▶通勤・通学カバンに入れておくと捗る!オススメアイテム8選

▶知らない人は損してる?取扱説明書ファイルで収納が捗る!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村