HAZAMA LOG

20代・30代の生活を豊かにする情報(仮想通貨、ガジェット等)を発信するブログ

【2018春夏】UNIQLO好きが選ぶUniqloUメンズおすすめ10選

どうも、Uniqlo大好きなはざま(@hazamahazamab)です。

UniqloUの2018年春夏ラインがついに公開されましたね。例年、人気のものは売り切れてしまうことが多いので事前にチェックしましょう!

今回は、わたしがおすすめする商品10選をご紹介します。

(画像の出典:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/uniqlou-teaser/men/

UniqloUとは

まず、UniqloUについておさらいしましょう。ホームページを見るとこのように書かれています。

クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームがパリのアトリエからお届けする、
ベーシックな服に革新をもたらすコレクション。
新しい素材や洗練された技術を取り入れ、他にない服のかたちを探求することで、
わたしたちの服を新しいベーシックへと創り変えていく。
Uniqlo U それは、ユニクロが目指すLifeWearの未来。

クリストフ・ルメール氏はエルメスのデザイナーもつとめていた著名な方です。彼のデザイした服をUniqlo価格で買えるなんて嬉しいですね。

さて、2018年春夏のデザインテーマですが、ホームページにはこのように書かれています。

2018年 春夏コレクション

心地良い肌ざわりの柔らかいコットン。
春の気配を感じ、サイクリングでお出かけ。
午後はビーチで気ままなひとときを過ごす。

パリのアトリエ発の新しいコレクションは、日々の生活におけるちょっとした楽しみを味わえるよう、デザインされています。快適さと利便性を考え、美しさと実用性を追い求める。生地から縫い目に至るまで、考え抜いて作り上げたコレクションは、ふとしたひとときを満たし、心地良さを与えてくれます。

読んでいるだけで春夏が待ち遠しくなりますね。早く暖かい季節が来てほしいものです。

アウターのおすすめ

コットンパーカ+E(1/26販売開始、¥5,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105100924p:plain

>特徴
・シンプルで着こなしやすいスクエアシルエット。
・なめらかな表面感を持つ高密度コットン素材。
・表面に上品な光沢感があって立体的な表情を持つ。
・高めのスタンドカラーなので首元までしっかりガード。
・フィット感を調整できるドローストリング付きのフードがデザインポイント。

 とても使いやすそうなコットンパーカです。前のジップを開けてインナーとの組み合わせも楽しめそうですし、前を閉じてシンプルに着るのも良さそうです。

なんといっても、高めのスタンドカラーなので、寒いときは首元までガードしてくれるので、まだ寒いときもある春には重宝しそうです。

カラーはブラウン、パープルが春らしさもあり、気になります。

着用イメージも公開されていて、とても良さそうです。

f:id:hazama03:20180105111546p:plain

コットンジャケット+E(1/26販売開始、¥5,990+消費税)

 

f:id:hazama03:20180105104303p:plain

>特徴
・高密度コットン素材の上質な光沢感とハリのある風合いが魅力。
・トレンド感のあるゆったりとしたシルエット。
・特殊なステッチやパッチポケットでワークテイストなデザインに。
・同素材のボトムスとセットアップもできる。

やっぱり気になるのがセットアップ。春夏にもこちらのジャケットと同素材のボトムスがラインナップされています。

セットアップとして購入しても約1万円とかなりお安いので、セットアップに挑戦したいという方は試しにこちらの購入を検討してみるのもよいでしょう。

 

セーター・カーディガンのおすすめ

 コットンカシミヤクルーネックセーター(長袖)+E(1/26販売開始、¥2,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105112136p:plain

>特徴
・すっきりとしたストレートシルエットのクルーネックデザイン。
・良質なコットンに「繊維の宝石」と呼ばれるカシミヤをブレンド。
・上品な光沢感があって肌触りも良いのが魅力。

とても使い勝手が良さそうなニット。価格が安いので、挑戦しづらいイエローやピンクを選んで春らしいコーディネートを楽しみたいですね。

カシミヤ混というのもポイントが高いですね。

シャツのおすすめ

ブロードストライプスタンドカラーシャツ(長袖)+(1/26販売開始、¥2,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105112516p:plain

>特徴
・長めの着丈とゆったりめのシルエットでリラックス感を演出。
・細めの糸を織り上げたコットンポリエステル混素材を使用しているので、軽くてソフトな風合い。
・腕が動かしやすいように袖のつくりを工夫。

インナーとしてとても役に立ちそうなのがこちらのスタンドカラーシャツ。着丈が長いとのことなので、コーディネートにアクセントを効かせられそうです。

また、シルエットもリラックス感があり、腕が動かしやすいように袖のつくりも工夫されているので、着用感も良さそうです。

オープンカラーシャツ(3/9販売開始、¥2,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105095403p:plain

>特徴
・オープンカラーとワイドなシルエットでリラックス感のある着心地。
・コットンモダール混素材のソフトな風合い。

リラックスしたシルエットのオープンカラーシャツは今っぽくて使いやすいでしょう。半袖だけでなく長袖も販売されるので、春夏どちらも楽しめます。

半袖は5色展開されていますが、個人的にはイエローが買いでしょう。こちらは着用イメージも公開されています。

f:id:hazama03:20180105095938p:plain

良いですね!夏の気分を盛り上げてくれそうです。また、リラックスしたシルエットでもあるので、暑い季節も快適に過ごせそうです。

 

 

カットソーのおすすめ

クルーネックT(長袖)+E(1/26販売開始、¥1,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105113916p:plain

>特徴
・リラックス感のあるゆったりとしたシルエット。
・ヘビーウェイトのしっかりとしたコットン天竺素材を使用。
・襟ぐりはバインダーを付けてカジュアル感を出しながら伸びも防止。

シンプルなインナーとしてめちゃくちゃ役立ちそうなのがこちらのカットソー。ヘビロテしても劣化しにくいよう工夫されているのも嬉しいところ。

春らしくレッドに挑戦してみるのも良さそうです。

 ボーダーT(半袖)+E(3/9販売開始、¥1,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105113059p:plain

>特徴
・しっかりとした素材感が魅力のヘビーウェイト素材を使用。
・リラックス感のある、やや長めの袖丈とゆったりとしたシルエット。
・洗練された色の組み合わせにすることで、モダンなパネルボーダー柄を表現。

少し派手目なカットソー。派手めなので、普段は挑戦しづらいですが、この価格でしたら、挑戦もしやすいのでは?

夏は服がシンプルになりがちですが、こちらのカットソーなら一枚でも様になりそうです。

着用イメージも良さそうです。

f:id:hazama03:20180105113150p:plain

 

パンツのおすすめ

ワイドフィットタックパンツ(インディゴ)+E(1/26販売開始、¥3,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105111231p:plain

>特徴
・ダブルプリーツをあしらった、股上深めのリラックスできるシルエット。
・足元がすっきり見えるアンクル丈。

タック入り且つアンクル丈ととても今っぽいデニム。全体を写した着用イメージが無いので、どんなシルエットか気になるところですが、要注目の商品です。

f:id:hazama03:20180105111748p:plain

ワイドフィットタックパンツ(コットン)+E(1/26販売開始、¥3,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105105122p:plain

>特徴
・ウォッシュ加工で柔らかなはき心地に。
・ソフトな風合いのコットンツイル素材を使用。
・ダブルプリーツをあしらった、股上深めのリラックスできるシルエット。
・足元がすっきり見えるアンクル丈。

前述したジャケットとあわせることでセットアップとして着用できるボトムスがこちら。セットアップして着用するのは勿論良いですが、単体でも使い勝手が良いので、ヘビロテできるでしょう。

グッズ 

サンダル(3/9販売開始、¥2,990+消費税)

f:id:hazama03:20180105114107p:plain

>特徴
・かかとのないデザインなのでとても軽くてラクにはける。
・足裏の型に合わせたクッション性の高いEVA素材を使用して、はき心地の良さをアップ。
・ストラップは簡単に付け外しができるベルクロ仕様で調整可能。

今流行りのスポーツサンダル。Uniqloの靴はあまり期待していませんが、ワンシーズン流行りのスポーツサンダルを履きたいという場合は有力な選択肢になりそうです。

まとめ

 2018年1月26日(金)の販売開始がとても楽しみです。春夏は気温も高くなり、気分も盛り上がってくるので、ファッションも存分に楽しみたいですね!

 

関連記事のご紹介です。

2017年秋冬のおすすめについて書いた記事はこちらです。一度、秋冬の服を振り返ってから春夏のラインナップを見るのもデザイナーの考えを感じられて楽しいかもしれません。

www.hazama-log.net

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村